庭の手入れを楽にする方法を大公開!
防草シートと砂利の組み合わせは相性バツグン!
プロだからできるスムーズな作業
理想の景観を持つ庭をつくろう

これで完璧庭の手入れ【草むしりを楽にこなす方法】

草むしりと草刈りの違いとは?

除草サービスを主としている専門業者は、草刈りや草むしりというように、いろいろな種類のサービスを取り扱っています。草刈りや草むしり、庭木の剪定を依頼する場合は、専門業者が提供しているサービスの種類を把握し、自分の目的に合わせて依頼するようにしましょう。

業者で頼めるサービス

草むしり
草むしりは、道具を使わずに雑草を抜く作業のことを言います。根っこから抜けば再び同じ場所から生えてくるようなことはありませんが、抜いた種から種が落ちてしまうこともあるので、十分注意しましょう。費用もかからず、狭い場所であれば比較的早く済ませられるでしょう。
草刈り
草刈りは草むしりとは違って、鎌や草刈り機などの道具を用いて草を刈る作業のことを言います。草刈り機の場合、草むしりのように体をせわしなく動かすことも無いので、体力を使わずに広範囲に渡って草を刈れます。鎌や草刈り機は鋭い刃を持った道具なので、使用する際は十分な注意が必要です。
除草剤
除草剤は草むしりや草刈りのように草を「取り除く」のではなく、「枯らせる」ことを目的として使用するアイテムになります。蒔くだけで済むという扱いやすさはありますが、使用上の注意を守らないと薬の影響で吐き気や皮膚炎などを発生させる恐れがあります。
玉砂利

雑草処理の専門業者はこれらのサービスを中心に、様々なサービスを販売しています。砂利を扱うサービスを販売している業者も少なくありません。自分の目的を改めて整理し、それを叶えられるサービスを選択しましょう。

ただ砂利を敷くだけでは効果が薄い

草むしりの手間を軽減させる方法の1つに、砂利を敷く、というものがあります。ただ、どのような状況においても効果を出せるというわけではありません。実際に体験した人の声を聞いてみましょう。

庭に砂利を敷いている人の声

やり方を間違えたのでしょうか?(32歳/女性/新米主婦)

庭に厚めに砂利を敷いているにも関わらず、雑草がどんどん生えてきています。庭の手入れを楽にしたいという思いで敷いたのに、ほとんど意味を成していない気がしてなりません。効果的な敷き方というのがあるのでしょうか。毎週大変な思いをしているので、どうにかしたいです。

上に載せた口コミのように、砂利を敷いても状況が今までと変わらない、というケースは少なくありません。実は砂利の敷き方にはポイントがあるのです。

効果的に砂利を使用する方法とは


庭に敷く砂利には、目安となる厚さってあるんですか?
最初のうちは10cmほどの厚さで十分です。ただ、砂利は時間とともに地面に埋没していくので、どこからか雑草の種が飛んで来てそれが砂利の下の土に到達すれば、すぐに雑草が生えてきます。「防草シート」というアイテムを使えば、雑草が根付くのを大幅に抑えることができます。
砂利の効果を高めるためにはどうしたらいいですか?一応防草シートというアイテムは購入したのですが、どう使えばよいか分かりません。
お手持ちの防草シートを使えば、砂利の持つ効果と相成り、雑草が生えてくるのを防ぐことができます。まず、防草シートを地面と砂利の間に敷きましょう。それだけで、砂利が地面に埋没しなくなり、また雑草の種が砂利の下に届くのを防げます。砂利のみを利用するのに比べ、雑草の根付きを抑える効果は格段に上がります。

TOPボタン